法律の豆知識をアウトプットしています

法曹になるための方法

法律の専門家には、弁護士や裁判官や検察官といった専門家たちがおり、これら3つを法曹と呼びます。
法曹になるためには司法試験に合格し、司法修習を1年間受け、修了試験に合格することで法曹になることができます。
司法試験を受けるためには大学を卒業し、法科大学院で大学で法学を学んだ場合2年、大学で法学を学んでいない場合3年の勉強をして終了することで受験資格を得ることができます。
そのほかに、誰でも受けられる予備試験に合格することでも受験資格を得ることができます。
しかし、法科大学院終了後または予備試験合格後5年以内に3回まで、と受験に制限があります。
司法試験は短答式試験と論述式試験がありますが、短答式試験に不合格の場合は論述式試験の採点はされません。
短答式試験には公法系科目、民事系科目、刑事系科目から出題され、論文式試験には、公法系科目、民事系科目、刑事系科目、選択科目から出題されます。
選択科目は、倒産法、租税法、経済法、知的財産法、労働法、環境法、公法系の国際関係法、私法系の国際関係法の中から1つ選択します。
合否は、短答式試験の成績と論述式試験の成績を総合評価して判定します。
予備試験は短答式試験と論文式試験、口述試験があり、短答式試験に合格することで論述式試験が行われ、論述式試験に合格することで口述試験が行われます。
試験には憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法、一般教養科目、法律実務基礎科目から出題されます。